年収1000万円の男性を見つける婚活を徹底調査

*
  • 年収1000万円の男性と出会える婚活サイトは?

    01

    女性にとって、婚活で年収1,000万円の男性をゲットすることは、
    あるいみ憧れですよね!

    男性は婚活において、女性の年齢や容姿を求めてくるわけですから、
    女性が男性に年収を求めるのは、生活する上で当然のことだと思います。

    特にアナタが20代~30代前半の年齢であれば、
    年収1,000万円の男性を獲得することは、可能ですから、ぜひ積極的に獲得へ手を伸ばしましょう。


    年収1,000万円の男性会員がいる結婚相談所

    1、楽天オーネット

    2、クラブオーツー

    3、フェリーチェ


    オススメの結婚相談所は、このようになっています。
    そのランキング順の理由は、会員数と難易度です。

    やはり、年収1,000万円以上の会員数が多いほど、
    女性にはチャンスが多くあるということになります。

    各結婚相談所の会員数については、1社ずつ解説しますね。


    楽天オーネット:1,400人

    楽天オーネットの会員数は、約42,000人(2015年現在)です。
    この内、男性会員の数は、約23,000人。

    そして最も重要なのが、年収1,000万円以上の男性会員の数です。
    楽天オーネットの公式サイトを見ると、年収1,000万円以上の男性は6.0%です。

    つまり、約1,400人が年収1,000万円の男性会員です。


    クラブオーツー:570人

    有名大学卒でなおかつ、高収入の男性を集めている、結婚相談所です。

    クラブオーツーは、総会員数が約5,000人。
    男性が半分として、そのうち年収1,000万円は23%です。

    年収1,000万円以上の男性人数は、約570人です。


    フェリーチェ:1,200人

    フェリーチェは、医師専用の結婚相談所です。
    会員数は約5,000人。

    男性会員は半数として、内50%が年収1,000万円以上です。
    年収1,000万円以上の男性は、約1,200人です。


    結婚相談所オススメ順位

    まず、医師よりも、会社員または経営者の男性の方が、
    婚活においては、女性のアプローチする難易度が低いと言えます。

    医師はプライドが高く、ブランド志向なので、
    女性にも、対等となる容姿やブランド力が求められるからです。

    そういう観点でいえば、
    楽天オーネットは、会社員が多くなおかつ、年収1,000万円以上の男性人数が多いため、
    一番オススメの結婚相談所と言えます。

    二番目は、クラブオーツーです。
    三番目のフェリーチェでは、男性会員が医師のみなので、女性からみた難易度が高いと言えます。

    再度まとめますね。


    まとめ

    1、楽天オーネット


    2、クラブオーツー


    3、フェリーチェ

    できれば、上記の3つ全てに資料請求して、
    しっかりと比較検討したほうが良いでしょう。

    もし、1つだけ選ぶとすれば、
    楽天オーネットへ資料請求をして、実際に店舗へ無料カウンセリングへ行ったほうが良いです。

    無料カウンセリングの大切さは、
    女性として自分自身が、年収1,000万円の男性に選ばれる存在なのか
    ということが、リアルにわかるからです。

    特に楽天オーネットでは、その場で、
    既存会員における生データで、自分とのデータマッチングをお試し可能です。

    もちろん、顔写真とかスペックなどは表示されず、
    何人とマッチングするのか、その人の住まいや年齢、職業などの統計データを見ることができます。

    これって、大事な情報ですよね。
    自分を求めてくれる年収1,000万円の男性が何人いるのか。

    ぜひ、リアルに体験してみてください。

  • 年収1000万円とマッチする婚活女性のスペックは?

    02

    婚活で年収1000万円の男性を望むのは、女性として憧れですが、
    どのようなスペックの女性ならば、年収1000万円男性と釣り合いが取れるのでしょうか?

    一般的な各年齢別の平均年収は、色々なデータがありますが、年収1,000万円男性の獲得には、関係ない感じがしますよね。

    40代の平均年収が450万円と言われても、年収1000万円の男性を婚活で獲得するのに、どのように役立つかといえば、役立ちません。

    では、各年代別にみて、年収1000万円以上の男性がどのぐらいの割合いるのか、
    という数字であれば、参考になりそうな気がします。


    年代別の年収1000万円以上

    データは転職会社デューダの値(2014年現在)になります。

    あわせて、下段に未婚率を掲載してみました。(未婚率と年収は関連していません)
    http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/kouhou/useful/u14.htm

    ▼20代の年収1000万円以上
    年収1000万円以上:0
    未婚率:約82%

    統計データ上、20代は年収が低い傾向にあり、年収1000万円は無しという結果です。
    あくまでも、会社員に限っての話しです。

    事業継承された後継経営者や、起業された方で、年収1000万円以上の20代は存在します。

    ▼30代の年収1000万円以上
    年収1000万円以上:1
    未婚率:約38%

    30代でも1%しか、存在しないんですね。

    ▼40代の年収1000万円以上
    年収1000万円以上:7
    未婚率:約22%

    ▼50代
    年収1000万円以上:21
    未婚率:約9%

    50代となると、年収1000万円以上の割合が、大きくなってきます。
    それだけ職歴が長いですから、当然といえば当然の結果です。


    年収1,000万円と未婚率

    年収1,000万円の割合が多い年代は、年齢を重ねるほど多くなります。
    なので、結果的に未婚率が低くなっていきます。

    つまり、若い年代を求めてなおかつ、年収1,000万円を求めるのであれば、
    可能性は非常に少ないという現状です。

    逆に、年齢を上にみて、年収1,000万円を希望するのであれば、
    男性の分母数が大きくなりますので、可能性が出てくるといえるのではないでしょうか。

    あるいは、会社員ではなく、
    経営者や医師、弁護士、公認会計士など、他の職業に年収1,000万円の男性を求めることも
    ありだと思います。

    とにかく、会社員で年収1,000万円以上の男性は、極端に少ないということがわかると思います。


    可能性のある年収1,000万円

    たとえば、40代や50代で、
    年収1,000万円の男性を見つけるとなると、可能性が大きくなると思います。

    40代であれば、独身の人も割りと一定数は存在すると思います。
    仕事に熱中していて30代に結婚を逃し、40代でようやく落ち着こうとしている男性です。

    また、50代であれば、
    再婚や再再婚で、なおかつ子どもありまで許容するのであれば、
    非常に高い可能性で、年収1,000万円の男性をゲットできると思います。

    30代で年収1,000万円以上の男性を求めるとなると、
    あなたの側に、相当な高スペックか、ブランド力、魅力的な容姿など、飛び抜けた素養が求められます。


    まとめ

    年収1,000万円の男性獲得を目指していくのであれば、
    とにかく会員数の多い結婚相談所で、年収1,000万円男性との接点を増やすのが一番です。

    ハイクラスの結婚相談所は、
    女性の入会にかなり高い審査基準を設定していますし、そもそも年収1,000万円男性の数が少ない。

    そうであれば、大手結婚相談所で、会員数の多さに勝負をかけるのが、
    一番近道になるはずです。

    もちろん、女性の場合は年齢が大きな武器になりますから、
    1日たりとも無駄には出来ません。

    そういう意味で、ハイクラスの相談所と、大手相談所の
    重複入会がもっとも男性との接点が増え、早く出会うことができるでしょう。

  • 取り柄のない女性が年収1000万円と結婚するのは無理?

    03

    高いスペックを持つ女性であれば、
    おのずと高いスペックの男性、年収1,000万円以上を狙っていくのは当然のことでしょう。

    しかし、自分自身がとくに取り柄がない普通の会社員、普通のOLだとして、
    年収1,000万円以上の男性と結婚するのは、無理なのでしょうか?


    東京6大学卒業の女性は需要あり

    ハイクラスの結婚相談所であれば、年収700万円以上の男性が多くいますし、
    年収1,000万円以上であっても、20%以上の会員数があるようです。

    また、医師専門の結婚相談所であれば、
    なんと会員数の半数が年収1,000万円以上となっていますので、獲得する可能性があるように見えます。

    しかし、それらハイクラスの結婚相談所は、
    入会する女性の審査基準が厳しく、誰でも入会できる訳ではありません。

    例えば女性の場合、東京6大学卒業などの条件があるようです。
    あるいは、女性でも年収600万円以上であったりと、審査をクリアする基準が求められます。

    東京6大学卒ではないと、かなり厳しいかもしれませんね。


    普通のOLの場合

    東京6大学以外の大学卒あるいは、大学には進学していない女性で、
    普通のOKの場合は、どうでしょうか?

    もしかすると、どのような形かで入荷審査をクリアすることも、可能かもしれません。

    スタイルや、容姿、年齢の面で
    年収1,000万円以上の男性に対して訴求するポイントを持っていれば、入会できるでしょう。

    一応、資料請求して、結婚相談所の無料カウンセリングを受けてみることを
    強くオススメします。

    何もごとも、行動を起こしてみないと分からないですからね。
    あるいは、他の選択肢もあります。


    大手結婚相談所

    ハイクラスの結婚相談所も良いのですが、女性が入会するのに、敷居が高いというのが難点です。

    そうであれば、大手結婚相談所へ行ってみるものありだと思います。
    ハイクラスの相談所よりも、圧倒的に多い会員数のため、マッチングであなたに見合う年収1,000万円以上の男性が、何人いるのかが、わかります。

    もちろん、お相手の男性は年収1,000万円で、あなたのスペックの女性を希望している
    というマッチングです。

    自分のことを求めてくれる人が、何人いるのか知りたいですよね。

    手順を説明しましょう。


    資料請求からスタート

    まずは、資料請求を行います。オススメは、一括資料請求です。
    理由は、個人情報の入力が一回で、複数回所へ一括請求できるので、楽だからです。

    そうすると、各相談所から店舗への勧誘電話がかかってきます。

    この電話で、店舗へ行く日を予約します。

    店舗では何をするのか?
    これが、マッチングです。

    個人情報なので、具体的な情報は分かりません。
    しかし、実在する現存会員のデータと、あなたのデータをマッチさせて、
    年収1,000万円以上の男性で、あなたを希望する人が何人いるのか、その場で無料体験できます。

    もし、沢山の年収1,000万円以上がマッチするのであれば、迷わず入会した方がいいですね。

    1ヶ月でも若い年齢で入会するほうが、女性は得だからです。
    得というのは、理想の男性を獲得する可能性が高まる、ということです。


    まとめ

    取り柄がないと言ったり失礼ですが、
    普通のスペックの女性で、年収1,000万円以上の男性をゲットすることは、可能性としては充分あり得ます。

    ただし、簡単ではないです。
    年収1,000万円以上の男性は、就労人口からすると、7%ぐらいの割合です。

    しかも、年収1,000万円以上の男性は、
    40代、50代と年齢が高くなるほど多いということは、若い年代では、非常に少ない。

    この少ない高スペックな男性を、多くの女性が奪い合うので、
    競争は熾烈です。

    合コンや婚活パーティーで時間を費やすのであれば、
    結婚したい年収1,000万円男が集まっている、結婚相談所を狙ったほうが効率的です。

    まずは数ヶ月、年収1,000万円にこだわった活動を行い、難しようであれば、あとから年収800万円、年収700万円と、現実的な選択肢を行っても良いと思います。

    まずは、あこがれの年収1,000万円にチャレンジです。

    ▼年収1,000万円男性を結婚相談所で探す。
    あなたにマッチする結婚相談所を選べる様になります。
    結婚相談所選びの比較サイト

  • フリーターや家事手伝いでも年収1000万円と結婚できる?

    04

    いわゆる正社員ではなく、
    フリーターや派遣社員、家事手伝いという女性でも
    年収1,000万円の男性と結婚できる可能性はあるのでしょうか?

    これは、なかなか難しい条件ではないか、っと思います。
    では、どのような条件がマッチすれば、正社員ではない女性でも年収1,000万円男性を狙えるのでしょうか?


    年齢と容姿を重視

    年収1,000万円以上の男性は、経済的自立をしていて、
    稼ぐことが当たり前だと思っているので、女性に対して経済力を求めていません。

    彼らが女性に対して求めるものは、言い方は悪いですが、
    トロフィーのようなご褒美のような、そういう女性を欲していることが多くあります。

    つまり、周りの人によく見られる、
    周りの人に羨ましく思われる女性と結婚したい、ということになります。

    平たく言うと、若くて可愛い子、きれいな子を求める、
    ということです。

    もちろん、年齢と容姿だけにこだわる男性ばかりではなく、価値観や性格などの内面を重視することもあります。

    しかしそれも、ある程度のルックスや若さという条件を満たしていればこそ、となります。


    年収1,000万円は希少な存在

    年収1,000万円以上となると、全就労人口の約7%しか存在しませんし、
    しかも未婚で、なおかつ独身の30代~40代となると、さらに絞りこまれて絶対数が少なくなります。

    彼らは婚活市場では、女性からのアプローチが多く、
    選び放題でもあり、入会してもすぐに成婚退会してしまいます。

    そこへアプローチしていくのですから、
    手ぶらでアタックするのは、なかなか厳しいのではないでしょうか?

    もしアナタの年齢が20代半ば~20代後半と若く、
    容姿に恵まれて、キレイなルックスであれば、チャンスがあるかもしれません。

    そうでなければ、年収1,000万円の男性を獲得するには、
    あなたの理想とする条件を、思い切り広げる必要があると思います。


    再婚、子持ち

    例えば、40代や50代の男性で、
    再婚&子持ちを狙うことになると、可能性が大きく広がると思います。

    やはり、女性の視点でも、
    男性は若いほうが良いですし、初婚にこしたことは無いでしょう。

    でも、そこは競争が激しく無理だとなれば、
    再婚や子持ちまで視野に入れて、年収1,000万円の男性を獲得するのであれば、可能性が高まります。


    まとめ

    フリーターや家事手伝いという職業の女性では、
    ハイクラスの結婚相談所への入会は、審査で足きりされ、まず難しいと思います。

    そうなると、大手結婚相談所へ頼るのが一番よいと思います。

    大手も複数社ありますので、
    各社へ一括資料請求を行い、それぞれの店舗で無料診断をしていただくと良いでしょう。

    店舗での無料診断することで、
    年収1,000万円男性に対して、自分自身が需要があるのか、というマッチング結果をお試しすることができます。

    これは、店舗へ行かないと、お試しできませんので、
    ぜひやってみることを強くオススメします。

    お試し診断の結果次第で、入会を考えればよいと思います。
    年収1,000万円以上の男性をゲットできるかどうかは、人生の一大事ですから、早い内に行動したほうが良いでしょう。

    繰り返しますが、女性は婚活において年齢が大きな優位性になります。
    1日でも早く行動したほうが、より有利な条件で男性にアプローチできる事になります。

  • 婚活で年収1000万円の理想を貫くのは大事ですか?

    05

    婚活において、お相手を見つけるのに、
    年収1,000万円以上の男性を求める人は多いと思います。

    しかし、誰でも年収1,000万円以上の男性をゲットできるわけではなく、
    当然、女性の側にもそれに見合うだけの素養を持っていることが求められます。

    婚活をするにあたり、理想の年収1,000万円を、
    あくまでも貫くことが大事なのか、ある程度現実的な妥協をすべきなのかを、考えてみましょう。


    あなたを選ばなければならない理由は?

    年収1,000万円以上の男性は、多くの女性からアプローチが殺到します。
    婚活市場において、彼らは人気ものです。

    婚活で、年収1,000万円以上の男性を獲得するには、
    まず会う前は、スペック上だけで多くの女性を判別していきますから、それに見合う理由が必要です。

    つまり、こういうことです。

    なぜ、彼はあなたを選ぶ必要があるのか?
    っということです。

    その理由を作り出すことができれば、もしかすると実際に会うところまで
    到達するのかもしれません。

    その先に進めるのかは、またその後の問題です。


    年収1,000万円でも人気のない男

    あくまでも年収1,000万円にこだわるのであれば、
    人気の無い男を、あえて狙うことも可能性を広げるためには、有効だと思います。

    例えば、このような条件です。

    ・ハゲ
    ・デブ
    ・離婚歴あり
    ・子連れ
    ・50代
    ・性格が上から目線

    自分自身が相手に選ぶ理由を与えられないけど、
    年収1,000万円以上の男性にこだわりたい、ということであれば、とても有効ですよね。

    人気がないということは、ライバルが極端に少ない訳ですから、
    あなたでもチャンスがあります。

    第一に、年収1,000万円以上の男性に見合うだけの、スペックを持っていない。
    であれば、人気のない年収1,000万円男性を狙うのが有効。

    しかし、男性の質でも妥協したくないということですと、
    結婚という目的へ到達するためには、年収1,000万円という「妄想」は捨てたほうが良いと思います。

    自分は何も持っていないのに、
    相手に過大な要求をするというのは、ないものねだりの依存心が強い子どもと同等だと言われても、
    しか無いのではないでしょうか。


    世帯年収で1,000万円を目指す

    男性の年収のみで1,000万円が無理であれば、
    世帯年収で1,000万円を目指すという考え方もありだと思います。

    男性は600万円~700万円のしごと。
    のこり300万円~400万円は女性である、あなたの年収です。

    これなら、年収1,000万円以上の男性を狙うよりも、可能性がさらに高まりますよね。


    まとめ

    年収1,000万円以上の男性をお相手に求める女性としては、
    婚活パーティーは、効率が悪すぎて、結婚まで進むのは難しいでしょう。

    そもそもパーティーの数が少ない上に、男性よりも女性が7,000円~10,000円という高額な参加費となります。
    さらに、男性は人気が高いため、女性からのアプローチが多く、遊び相手で女性を物色するという、不届き者もいるのは、事実です。

    その点、結婚相談所は、結婚というゴールに向かうために
    仕組みが作られていて、曖昧な態度での入会や、行動は極端に制限され、仕組みの中で行動が拘束されます。

    お見合いしたら、翌日までに可否の返事や、交際したら3ヶ月で決めるなど。

    年収1,000万円以上のお相手を見るけるためには、ハイクラスの結婚相談所と、
    大手結婚相談所の比較も大事です。

    両方へ資料請求して比較し、それぞれ店舗で無料診断してもらうと、
    さらに行く先が明確になってくると思います。